予防接種|菊名駅前・育キッズクリニック|横浜市港北区にある小児科、菊名駅すぐ|土曜診療

アイコン〒222-0013神奈川県横浜市港北区錦が丘16-14 菊名駅前ビル1F
菊名駅(西口)徒歩1分
ヘッダー画像

予防接種

予防接種|菊名駅前・育キッズクリニック|横浜市港北区にある小児科、菊名駅すぐ|土曜診療

予防接種の対応時間

平日の14:00~15:00は予防接種と乳児健診の専用時間帯です。また、土曜日の13:00~14:00は予防接種のみの時間帯です。感染症がご心配の方は、これらの時間帯に予約をお取りください。その他、一般診療の時間帯9:15~12:15 15:00~17:45でも接種は可能ですが、この場合発熱などの患者様と同じ待合室でお待ちいただく可能性がありますのでご了承ください。
あらかじめごWeb予約をお願いします。予約は1ヶ月前から2日前まで可能です。予防接種に影響しない便秘や皮膚の診察は予防接種と同時に可能ですので受付で申し出てください。

持参いただくもの

  • 診察券
  • 保険証
  • 母子健康手帳
  • 予防接種券または予診票
  • 母子健康手帳に記録を残しますので必ずお持ちください
  • スムーズなご案内をするため予防接種券・予診票の必要箇所をご自宅で記入してご来院ください

予防接種当日の注意点

<予防接種を受けることができない場合>

  • 発熱(37.5度以上)しているお子さん
  • 急性疾患にかかっている人(急性かつ重症な病気で薬を飲む必要のあるお子さんは、その後の病気の変化がわからずワクチン効果に関しても定かではないことから接種を延期するのが原則です。
  • 予防接種に含まれる成分で強いアレルギー反応(アナフィラキシー)を起こしたことがある人

予防接種スケジュール

生後2ヶ月から(ロタは6週から・日本脳炎は6ヶ月からも可能です;それぞれの項目でご確認ください)予防接種がスタートします。予防接種に先立ち予防接種券が市町村から郵送されてきますのでご確認ください。

定期接種と任意接種のついて

定期接種

予防接種法で定められたワクチンです。接種対象年齢内では公費で受けられます。

任意接種

定期接種以外の予防接種です。残念ながら公費ではなく、自費での接種になります。ご家族の判断で接種するかを決めていただきますが、病気を予防するためには大切な予防接種ですので、積極的にご検討ください。

当院でできる定期接種(公費負担)の推奨スケジュール

接種時期 ワクチン
2ヶ月 ヒブ①、肺炎球菌①、B型肝炎①、ロタ①
3ヶ月 ヒブ②、肺炎球菌②、B型肝炎②、ロタ②、四種混合①
4ヶ月 ヒブ③、肺炎球菌③、四種混合②
5ヶ月 四種混合③
7ヶ月〜8ヶ月 B型肝炎③
1歳 ヒブ④、肺炎球菌④、四種混合④、麻疹・風疹①、水痘①、ムンプス(おたふくかぜ)①
1歳半~ 水痘②
3歳 日本脳炎(2回)①②
4歳 日本脳炎③
年長 麻疹・風疹②、ムンプス(おたふくかぜ)②
9歳 日本脳炎④
11歳 二種混合(DT)
中学1年生 子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス)①②③

ワクチンやスケジュールに関して詳しく知りたい方は “VPDを知ってこどもを守ろうの会” をご参照ください

当院でできる任意(有料)の予防接種

ワクチン 対象年齢 料金(税込)
おたふくかぜ 1歳以上 6,000円
水痘 公費対象にならない方 7,500円
B型肝炎(1歳以上) 公費対象にならない方 5,000円
麻疹風疹混合ワクチン(MR) 公費対象にならない方 9,200円
三種混合(トリビック) 年長以降の追加 3,800円
子宮頸がん 公費対象にならない方 15,300円
不活化ポリオワクチン 5~7歳の追加 9,500円
インフルエンザ 6ヶ月以上 電話でお問い合わせください

個々の予防接種

HIB;ヒブ 定期接種

ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型による感染症です。インフルエンザを起こすインフルエンザウイルスとは別のものです。敗血症、細菌性髄膜炎、急性喉頭蓋炎の原因になりますが、予防接種でほぼ100%予防できます。6ヶ月までに3回目を終了できるように計画しましょう。

接種時期

生後2(~6ヶ月)から初めて4週間隔で3回、およそ1年後に4回目

肺炎球菌 定期接種

肺炎球菌による感染症です。2歳までのお子さんでは敗血症・細菌性髄膜炎・肺炎・中耳炎の原因となるため予防接種で感染を防ぎます。

接種時期

生後2(~7ヶ月)から初めて4週間隔で3回、3回目から60日以上開けてかつ12ヶ月~15ヶ月で4回目

4種混合/2種混合 定期接種(3種混合 任意接種)

ジフテリア(D)、百日咳(P)、破傷風(T)、ポリオ(IPV)の4種類が混ざっているのが4種混合ワクチンです。百日咳は小児がかかり易く、乳児では息止め発作を誘発します。四種混合ワクチンを3ヶ月から投与して予防することが大切です。

接種時期

生後3-12ヶ月に4週間隔で3回接種し、1年から1年半後に1回追加接種します。さらに、11歳以上13歳未満で沈降ジフテリア破傷風(DT)トキソイドの接種を行います。

日本小児科学会からの推奨;学童期に予防効果が下がって感染が増えることが分かってきたので、就学前に3種混合ワクチン(DPT:任意)を接種することが日本小児科学会から推奨されています。さらに、百日咳予防のため2種混合の代わりに3種混合を任意接種することも可能です。

B型肝炎 定期接種

B型肝炎はお母さんからの母子感染や輸血による感染が良く知られていますが、知らないうちにかかることも多い感染症です。急性肝炎を起こす他、慢性化・キャリア化して、将来的には肝硬変や肝臓がんの原因となります。

接種時期

生後2ヶ月から4週間間隔で2回、その後20-24週開けて3回目の接種をします。ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンなどとの同時接種がおすすめです。保育園に入園される予定があるお子さんは入園前に接種することをお勧めします。

ロタウイルス 定期接種

冬から春にかけて多く発生するウイルス性胃腸炎です。嘔吐と下痢が主な症状で、時に白い下痢便が見られます。通常は2~7日程度で回復しますが、脱水、まれに痙攣が群発します。脳症を合併することもあるので注意が必要です。有効な治療薬はないので対症療法となります。

接種時期

生後6週から接種できますが、他のワクチンとの同時接種を考えて、生後2ヶ月からが最適です。ワクチンの種類によって2回または3回接種しますが、腸重積症が起こりにくいように、生後3ヶ月半過ぎ(生後14週6日)までに初回接種を受けましょう。当院では2回のロタリックスの接種が可能です。

BCG 定期接種

日本は依然として結核のよく見られる国です。乳幼児では粟粒結核や結核性髄膜炎になり易く、後遺症を残すことがあります。BCGワクチンは乳児の重症化予防に有用とされています。

接種時期

5~8ヶ月未満の接種が推奨されています。9本の針のついたスタンプを押すようにして接種します。通常は10日以降から少しずつ赤くなりますが、1~2日で接種部位が赤くなる場合には、接種前にすでに結核菌に感染していた疑いがありますので、接種した医療機関に相談してください。

MR 定期接種

はしか(麻疹)と風疹の混合生ワクチンです。

接種時期

1歳になったらできるだけ早い時期に1回目、小学校入学前の1年間(年長さん)に2回目を接種します。おたふくかぜワクチンや水痘(みずぼうそう)ワクチンと同時接種が可能ですので、1歳になったら同時に接種することをお勧めします。

水痘 定期接種

1歳を過ぎたら水痘ワクチンを接種しましょう。3ヶ月以上開けて2回目を接種します。3歳になる前に終わらせましょう。

おたふくかぜ 任意接種

1歳になったら、MRワクチンや水痘ワクチンと一緒に接種するのがお勧めです。4年程度間を開けて2回目を接種します。就学前にMRや三種混合との同時接種をお勧めしています。

日本脳炎 定期接種

日本脳炎ウイルスが原因です。ウイルスに感染したブタの血を吸った蚊にさされることで感染します。ほとんどの人では発症しませんが、発症すると、発熱、頭痛、けいれん、意識障害を生じて、2~3割は死亡、半数近くに脳障害の後遺症を残します。治療法がないので、予防接種が大切です。一般的には3歳の時に1~4週の間隔で2回、その約1年後に3回目、9~12歳にもう1回4回目を接種します。生後6ヶ月から接種が可能ですので、流行地域では前倒ししての接種が勧められています。

ヒトパピローマウイルス HPV 定期接種

子宮頸がんの原因のほとんどを占め、多くは性行為で感染します。子宮頸がんは女性特有のがんで、20-30 歳代から増加し、日本では年間約 8500 人がかかり、約 2500 人が死亡するとされています。ウイルスに対しての治療法はないので、がんに対する治療となりますが、ごく初期を除いては子宮摘出が必要です。妊活中に診断され、挙児をあきらめた悲しい例を経験したことがあります。
重大な副作用は極めてまれです。日本では接種した人の中に、痛み・運動障害・不随意運動など多彩な症状が報告されて一時期積極的な推奨を差し控える状態となりました。しかし、このワクチンを接種していない同年齢の男女のなかにも同様の症状の訴えがあると報告さてれ、因果関係が証明されないこと、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたことから、2021年11月に積極的な推奨を差し控える状態は終了しました。2022年4月から順次ご家庭に予診票が郵送されます。

WHO(世界保健機構)や世界の多くの国で安全なワクチンとして認められていて、実際に使用されています。男性でも中咽頭がん、肛門がん、陰茎がんなどの原因になりますので、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど24か国では男子に対しても公費接種が行われています。日本でも男子に対する自費での任意接種が4価のガーダシルで認められました。9価のシルガード9に関しては、現時点では定期接種の対象ではありませんが、厚生労働省の審議会で定期接種の対象とするか検討中です。

12歳~16歳(小学校6年生から高校1年生年度末の相当)までの間に3回接種します。対象となるウイルス型数によって、2価と4価があり、接種間隔が異なります。

2価 サーバリックス

初回接種の1ヶ月後に2回目 初回接種の6ヶ月後に3回目

4価 ガーダシル

初回接種の2ヶ月後に2回目 初回接種の6ヶ月後に3回目
当院ではガーダシルの接種を提供いたします。新型コロナワクチンと同様な筋肉注射です。